【注意喚起】ロジテック製無線LANブロードバンドルータの脆弱性対策について|ちゅピCOM 

ちゅピCOM

ちゅピCOM




お知らせ

【注意喚起】ロジテック製無線LANブロードバンドルータの脆弱性対策について2017/12/22

ロジテック製無線LANブロードバンドルータの脆弱性対策について

平素は、ちゅピCOMのサービスをご利用いただき誠にありがとうございます。
さて、ロジテック製無線LANブロードバンドルータの一部において脆弱性が発見され、
ウイルス感染の恐れがあることが関係機関各所から案内されております。

同社製無線LANブロードバンドルータをご利用のお客さまにおかれましては、対象機種をご確認のうえ、
該当する場合は下記のメーカー公式サイトに掲載された手順により最新版ファームウェアを適用していただきますよう
お願いいたします。

○ロジテック製300Mbps無線LANブロードバンドルータおよびセットモデル(全11モデル)に関する
    重要なお知らせとお願い(ロジテック)
 http://www.logitec.co.jp/info/2017/1219.html

対象機種
LAN-WH300N/DR、LAN-W300N/DR、LAN-WH300N/DRCV、LAN-WH300N/DRCY、LAN-W300N/R、
LAN-W300N/RU2、LAN-W300N/RS、LAN-W300N/P、LAN-W300N3L、LAN-WH300N/DGR、LAN-WH300N/DGRU

なお、本件以外のルータをご利用のお客さまにおかれましても、ウイルス感染予防のため、
定期的に最新版ファームウェアに更新されることをお勧めいたします。
ファームウェアの更新情報等につきましてはメーカーの公式サイトでご確認ください。

関連情報
○Mirai 亜種の感染活動に関する注意喚起(JPCERT/CC)
 http://www.jpcert.or.jp/at/2017/at170049.html

○脆弱性が存在するルータを標的とした宛先ポート52869/TCPに対するアクセス及び日本国内からのTelnetによる
    探索を実施するアクセスの観測等について(警察庁)
 http://www.npa.go.jp/cyberpolice/important/2017/201712191.html